July 07, 2006

今日は七夕

七夕短冊

 七夕っていうと、小さい頃に短冊になにか書いたりしましたよね。懐かしいです。さて、今日七夕ってことなので、七夕とはそもそも何なのか気になり始め、 Wikipediaを見てみました。そうしたら、まあ自分の七夕に対する理解は普通だったので安心しましたが、あらためて「織女星と牽牛星の伝説」を読み返したら、ずいぶん酷い話だなと感じてしまいました。

 ご存じの通り、「織女星と牽牛星の伝説」という話は、天帝が自分の娘である織姫星(織女星)と、夏彦星(彦星、牽牛星)の結婚を認めたら、結婚生活が楽しくて二人は全く働かなくなってしまい、天帝はそのことに怒り、二人を天の川を隔てて引き離してしまいました。そして、年に1度、7月7日だけ会うことを許しました。というような話なんですが、なんて救いのない話なのでしょうか。

 例えば、天帝も怒っていたけど、3年くらいしたら、元の暮らしに二人は戻り、労働の大切さを知り、仕事をしながら幸せに暮らしましたとさ、なんていう話でも良さそうじゃないですか。しかし、天帝は自分の娘にもかかわらず、永遠に年に一度しか会えなくしてしまいました。天帝は、二人を引き離す前に「いちゃいちゃしてばっかりいないで、少しは働いたらどうだ」と言ったのでしょうか、とか考えてしまいました。

 子どもの時は疑問に思いませんでしたが、今となってはちょっと疑問が残ります。そんな事を考えながら、たまには星でも見てみましょうか。

七夕 - Wikipedia

yamjun at 18:45│Comments(0)ブログ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
yamjun
フォルクスワーゲン オーナーyamjunのクルマを中心としたブログです。VWグループのクルマを中心に個人的な趣味を加えながら更新しています。
8speed.netスタート!
最新コメントの表示
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ