August 01, 2005

FM YOKOHAMA

FM YOKOHAMA日曜日

 昨日の日曜日、早起きオフのあと、デニーズで皆さんとモーニングを食べ正午頃に解散した。私は、注文したパーツを受け取るためオートバックスへ移動。そして、たまにはラジオと思い、カーステレオを「FM YOKOHAMA」にあわせてみた。ちょうど、「WE LOVE SHONAN 〜our native shore〜」が始まったばかりで、むかしはよくFM YOKOHAMAを聞いていたことを想い出した。

 今から約10年前、私は藤沢市の支店に配属になった。首都圏からやや遠い街は田舎でもなく都会でもない、いわゆる地方都市ともまた違った独特の雰囲気を持っている。私は高校卒業まで佐世保市で育った。常に海に囲まれていた。東京に来てからは海を見る機会も激減していたが、わざわざ海を観にいくような気持ちにもなれなかった。藤沢に引っ越してからも、最初はどの方向が海なのかは分からなかったが、次第に方向感覚が掴めてきた。

 当時は、会社が入っているビルの上階のマンションに住んでいて、勤務先まで1分かからなかった。しかも会社名義の地下駐車場もあり、今思えば、環境としては抜群だった。数ヶ月勤務したあと、私はやっと自分のクルマを買った。3年落ちのプリメーラe-GT(FHP10)英国日産からの逆輸入車である。当時、日本に2,000台程度しか入っていないと聞いた。状態は上々で3年落ち11,000km走行、目立つキズはなかった。ディーラー系の中古車屋で140万円。当時の私にとっては大きい買い物だった。

 クルマを買ってからは近くを走り回った。夜中に茅ヶ崎のラーメン屋に行ったりもした。東京へは横浜新道と第三京浜を使い、何百回と往復した。今でも玉川ICから横浜新道の終点までは好きな道のひとつだ。運転に慣れてからは、時々、あさ海へ出かけた。春の海は人も少なく、気持ちよかった。そんな時にクルマでよく聞いたのは「FM YOKOHAMA THE BREEZE」。耳障りのよいDJの声は午前中の藤沢市を走るのに最適だった。

 あれから随分時間がたって、収入も増えて、クルマも何度か乗り替えた。じゃあ、それなりに幸せかといわれれば当時の方が楽しかった気がする。若かったせいもあるが、それだけではないだろう。

 またなんで、こんな文章を書いたかというと、先週の木曜日号のR25に連載されている石田衣良さんのコラムを読んだからだ。プロの書く文章はつくづくうまいな、と思った。

Fmyokohama 84.7

yamjun at 16:34│Comments(0)TrackBack(0) 環境 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
yamjun
フォルクスワーゲン オーナーyamjunのクルマを中心としたブログです。VWグループのクルマを中心に個人的な趣味を加えながら更新しています。
8speed.netスタート!
最新コメントの表示
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ